ペット保険の必要性

ペット保険会社大手のアニコムが行った調査によると、2014年の犬の平均医療費は年間8万912円だということです。
この金額が高いとみるか低いとみるかは、個人差があるところですが、加入者が保険に期待する値から見ると保険というのは、どんなものでも加入者が期待値では損になるのだそうです。

年間8万円程度なら、期待値で損をするペット保険に加入するより、全額負担のほうがよいはずです。あくまでも保険は自分でまかないきれないリスクをカバーするためのものです。

しかし年間8万円というのは平均ですから、治療費が1000円で済む場合も、100万円もかかるケースがあります。自分のペットが運悪く100万円もかかるようなケースに当たってしまうことだってあります。

ペットにかける年間の医療費は年々増加傾向にあります。保険料のかけ損になっても人間と同じ家族と思えばペット保険は加入しておくと安心でしょう。
「ペットはペット」と割り切ってしまうことで保険は必要ないと考えるのもありです。

ペットは家族ですから保険に加入するのは当然と思っても、なるべく負担は小さくしたいです。ペットの種類や大きさ、年齢などによって保険料が異なりますし、保険商品によっても大きく異なってきます。
ここでは、ゼロ歳のチワワで保険料を比較してみます。

保障割合を50%とするプランの場合の、各社の月払い保険料は以下です。

アニコム損保2,450円、アイペット2,270円、アクサダイレクト2,020円、ガーデン1,870円、FPC1,590円、ペットメディカルサポート1,373円、au損保1,170円となりますが、保険料によって支払保険料の金額や保証日数・回数などことなります。

また多頭割引や無事故割引、マイクロチップ割り日、ネット割引がついている保険商品もあります。保険料だけで選ばず、保障内容や各種割引、キャンペーンの有無なども確認することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>