ペット保険を選ぶポイント

ペット保険は殆どが犬と猫を対象にしています。年齢・サイズ・健康状態などで保険料は大きく異なってきます。

一方犬・猫以外のペット保険は選択肢が非常に少なく、保険に加入する場合は選ぶ作業は無い状態です。簡単といえば、簡単ですね。

ペット保険を保険料で選ぶなら、保険料が割引される特典がある商品を選ぶのがコツです。去勢・避妊手術済みやマイクロチップ挿入済みであれば保険料が値引きされる場合があります。

加入年齢が高くなると保険料も高くなるので、ペットが高齢で新規加入を検討している方は、色々な保険商品を比べてみる必要があります。

ペット保険を保障タイプで選ぶなら、「定額保障」・「定率保障」・「実額保障」の3タイプがあります。

「定額保障タイプ」は、病気やケガに関する入院、通院、手術に対して規定額を補償します。治療にかかった費用額の大小に関係なく、一定の補償金が支払われるというものです。このタイプのメリットは実費ではなく保証規定額が一律給付されること。デメリットは年間の保障日数や回数に制限があり、制限を超えた場合は自己負担となることです。

「定率保障タイプ」は、保障内容に対して、50%、70%、90%などの定率を保障するもので、既定の限度額内の金額を保障します。年間の保障日数や回数に制限があるタイプと、利用回数無制限のタイプがありますからしっかり確認する必要があります。
メリットは保険会社と提携している動物病院であれば、精算時に割引保証が可能です。
デメリットは、保障される給付額に上限があるため、必ずしも定率で保障されるとは限らないこと。

「実額保障タイプ」は、保障内容に対して規定の保障限度額までなら実際にかかった費用を保障するものです。メリットは年間の医療回数や日数に制限がないこと。デメリットはペットの種類によって年間に保障されている限度額の設定があり、使い切ってしまうとその後は次の継続まで保障がなくなってしまうことです。

犬用サプリについて・・・【犬用サプリ・ペット用サプリ人気ランキング】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>